蔵の街とちぎ 大毘盧遮那殿 満福寺(満福密寺)

  • 満福寺 境内
  • 満福寺 護摩法要
  • 満福寺 本堂
  • ありがたや 如来大悲の恩徳を 祈る心に 福 満つる寺
  • 満福寺 大師堂
  • 満福寺 大師堂内陣

満福密寺満福寺(通称))について

満福密寺(満福寺)は栃木県栃木市にある真言宗のお寺です。
真言宗(=密教)の故に密の字を入れて満福密寺と称します。
弘長2年の開創、750年の歴史を刻み、ご本尊は大日如来です。
清貧孤高の画家 田中一村や、明治期の自由民権家 杉浦吉副の墓所があります。

当山の御朱印

満福寺 御朱印当山では御朱印をお授けしております。ご希望の方は、「満福寺の御朱印について」をご確認の上ご来山ください。

御朱印の受付時間、御朱印をいただく際の留意事項についてご案内しています。

●新年明けましておめでとうございます。
令和二年。
西暦2020年。
干支は、子(ね、ねずみ)年。
恵方(歳神様の方位)は、南寄りの西の方角。
●子年生まれの人は、
【長所】
正直で愛嬌がある。几帳面で細かいことが得意。ムダ使いせず貯蓄を心がける。
【短所】
温厚に見えるが怒りやすい。利己心強く小心。ひとのことを気にしひとの批評を好む。
【運気】
ひととのつきあいが長く続かない。女性は色禍に要注意。財を失くすことあり。
晩年は比較的安泰。
【守り本尊】
千手観音(せんじゅかんのん)
ご真言 オン バザラ タラマ キリク ソワカ
●新年の有名句
ふくよかに すわりめでたし 鏡餅
村上鬼城
書初めの うゐのおくやま けふこえて
高野素十
枕辺へ 賀状東西 南北より
日野草城
呉竹の 根岸の里や 松飾り
正岡子規
一人居や 思ふ事なき 三ヶ日
夏目漱石
年新た 心新たに つつしみて
山口青邨
七草を 祝いしみじみ 日本かな
稲畑汀子
●新年の唱歌
年の始めの 例(ためし)とて
終りなき世の めでたさを
松竹(まつたけ)立てて 門(かど)ごとに
祝(いお)う今日こそ 楽しけれ

初日(はつひ)のひかり さしいでて
四方(よも)に輝く 今朝のそら
君がみかげに 比(たぐ)えつつ
仰ぎ見るこそ 尊(とお)とけれ
●新年の古歌
我が君は 千代に八千代(やちよ)に 細石(さざれいし)の
巌(いわお)となりて 苔の生(む)すまで
―詠み人知らず―
(『古今和歌集』私撰秀歌 巻第七 「賀歌」歌三四三)
 今年夏の東京オリンピックで何度も聞くことになるであろう国家「君が代」の元の歌です。『古今和歌集』にありました。この歌には時代とともに、「君が代は」ではじまったり、「千代にましませ」になったり、などの変化がありますが、「君(天皇)の御世が、小さな石が大きくなって盤石となり、それに苔が生えるようになるまで、長く続いて欲しいもの」という年賀の歌です。
 皆さまにとり幸多い一年でありますよう


過去の投稿を読む
当山に眠る孤高の日本画家 田中 一村
Instagram 蔵の街とちぎ
壮麗な秋まつりの山車や、神社仏閣や美術館や蔵や古い洋館など歴史と文化の重みを伝える建造物など、見どころ満載の「蔵の街とちぎ」。 是非「蔵の街とちぎ」にお越しください
蔵の街とは…旧栃木市の中心市街地とその周辺を言います。